Benjamin's LOG

気分一新

第7303号:東海紀行

 富士川より向こうへ行くのは、毎回新鮮だなぁ。
 名古屋とか四日市とかでも、流れている空気が普段と違って楽しいですわ。やはり、私は根が西日本人間なのかもね。

 要は、電源周波数は60Hzの方が合ってる、って事だな。

第7302号:寒暖差

 自然界のそれも激しいけれど、もっとキツイのが小田急。
 弱暖房冷房車は暑い。普通の車両は寒い。設定温度は高々2度程度の違いだと言うけれど、そうは思えん。あれじゃ、たまたま弱冷房車に乗り合わせた人が乗り換えで普通車に変わっただけで、風邪引くよ。

 なんか、あらゆる面で快適さに欠けるんだよなぁ、小田急って。
 快適さを求めるなら、金払ってロマンスカーに乗れってことか?

第7301号:台風一過

 今日の空は、夏のそれそのもの。
 真っ青な空に真っ白な入道雲。まるで映画の背景のようだ。

 明後日頃まで暑いみたいね。
 まぁ、もう6月も半ばを過ぎたからねぇ。

第7300号:台風並み

 梅雨時の風雨じゃないねぇ。
 おかげで車がだいぶ綺麗になった気がする。これが、晴れた時に見ると泥跳ねの跡がしっかりついていたりして、萎えるのだけど。

 きちんと洗車したいのだが、来週はリコールで出すしなぁ…

第7299号:常態

 この5日間、朝の江ノ電バスが定時で走った日は一度も無かった。
 まぁ、小田急に比べればマシだろうけど、定時ギリギリでも席取りに参戦できない状態だから、ちときつい。特に週末。

 帰りの電車もまず定時では走ってないねぇ。
 もう、遅れるのが当たり前のものとして扱われている気がする。「申し訳ありません」は、聞き飽きた。

第7298号:夏至も近づく

 この時期、晴れていれば19時頃まで明るい。
 そんなに早上がりしたつもりも無いのに、なんとなく得したような?

 もうすぐ夏至、と言うことは昼が短くなるのか。
 まだ全然夏気分じゃないのに、そう思うだけで損したような?

第7297号:足踏み

 当初の予報では今日辺りから蒸すとのことだったが、まだひんやり。
 どうやら明日になったらしい。今日は半袖でも過ごせるけれど、まだ夏の格好が合うというわけでも無く。冷房の効いた電車は寒いですよ。

 それにしても、今年はほんとにちゃんと梅雨しているなぁ。
 秋の味覚に期待できそうかな。豪雨さえなければ。

1/1044 >>