Benjamin's LOG

気分一新

第6612号:焼け石に水

 やっと辞めるという某党首。
 しかし、もはや手遅れどころか火に油を注いでいる感は否めない。

 大体、政治の世界に引き込んだのがあの最低元総理という時点で、やはり人を見る目すら無かったか、という感じである。次の選挙で有権者が正しい判断をしてくれる事を願う。

第6611号:スッキリ

 今日は、よく晴れた。
 その割に暑い感じはしない。まるで初夏のような爽やかさ。ほんとに7月ですか、ここは。

 なんて言っている間に8月が過ぎ、気がつけば秋の声が聞こえてくる。
 それが、東北。夏は短い。

第6610号:隔離空間

 工場は、通勤時間0秒。
 即ち、本社にいるよりもさらに引きこもりとなる。今日も、敷地外に出たのは夕飯の買い物のときのみ。それも車移動だから、表を歩いた歩数なんて多分千歩も行かないであろう。

 それだけ集中して仕事ができる、ということであれば歓迎なんでしょうけどね。

第6609号:素通り

 「秋田へ出張する」と言うと、各方面から「大丈夫?」と聞かれる。
 鹿角は秋田の中でも青森寄りの内陸なので、沿岸部に大きな被害をもたらしている豪雨とはほとんど無縁。確かに雨は降ったけど、米代川が氾濫するほどではなかったとのこと。今日は、薄曇り。雨には出会っていません。

 むしろ、途中の福島、宮城の方が雨としては結構な量だった。
 岩手に入って雨は止んだものの、川の流量は明らかにいつもと違う。ああ恐ろしい。

第6608号:休日出動

 え?今日も仕事かって?
 よく見て下さい。出勤ではありませんよ。

 今日は交渉ごとのヘルプで実家へ。
 という意味での「出動」です。スンマセン。

第6607号:前面展望

 土曜出勤は、基本的に定時退社。
 今の時期はまだ昼間と同じ明るさなので、帰りの電車で一番前に乗るとさながら電車でGO!状態。空いている各停がオススメです。

 しかし、快速急行メインの土休日ダイヤは、向ヶ丘遊園の民には有り難くない。
 一本逃すと到着時間が30分変わる。来春の改正で何とかならんもんかね。

第6606号:スタート

 世の小・中学生は今日から休みか。
 電車の中の制服姿も心なしか少ない。ようやく快適に座って行けそうだね。

 夏休みを2週間程度にして教員の負担を減らそうという自治体もあるようだけど、生徒の休みを活用して自主研究出来る時間が減る分、帰って教育の質が落ちそうな気がするのは私だけだろうか。
 そもそも、「労働」という括り方をされると、教員という職自体が勤まらないように思える。作物を育てる農業も、人を育てる教職も、基本は休みなしなのよ。それが受け入れ難い社会になったのを憂うべきなのかも知れん。

1/945 >>