Benjamin's LOG

気分一新

第7528号:二日四季

 昨日は真冬の寒さから秋のような長雨。今日は春の陽気。
 明日は初夏ですか?

 人間より先にコロナウィルスが参ってくれないかなぁと思う今日この頃。

第7527号:蔓延

 やれやれ、日本中新型肺炎の患者だらけじゃないか。
 やれ政府の対応が、とか、WHOが、とか言ってる輩が多いけれど、どんなに早く対応したって防ぎようがないよ。黄砂だって風に乗ってくるところが発生源なんだから。

第7526号:雪予報

 とりあえず雨が降り始めた。冷たい。
 雪の予報は少しずつ確度が高くなって来ている気がする。明朝は雪景色、なのかねぇ。

 まぁ、そのくらい冬らしくなってくれないと、春が待ち遠しくならんですよ。
 通勤に障害があるのも嫌だけど。

第7525号:だし

尼鯛の蕪蒸し

 和食の基本は、出汁にあり。
 そんなことを語ってくれそうな逸品に出会った。尼鯛の蕪蒸し。出汁の中の春菊は角が立たず、添えられている柚子と山葵が和テイストを引き立てている。和食でしか味わえないきめ細やかさ。贅沢ですね。

第7524号:移動疲れ

 この三日間で、総計2,400kmくらい移動している。
 飛行機で海を渡るのに比べれば屁でもない距離だけど、なんだか疲れた。もう若くないね。
 ということで、今日は放電の一日。最近、休みはこんなのばっか。

第7523号:少々冬

 16時半の高速けまないバス停付近の気温は、-1度。
 まだまだ甘いが、ちっとは冬らしくなった。昼間は雪もぱらついた。しかし、あっという間に積もらないところが、暖冬の証だ。

 来月、もっと冬らしくなっているだろうか。期待出来ないかなぁ。

第7522号:南国気候

 「あったかいねぇ」「まるで南国ですよ」
 昼12時過ぎの鹿角花輪駅前で、盛岡からの高速バスを降りたお偉いさんと思われる方と、迎えに来た社服姿の若者がこんな会話をしていた。気温は4度。真冬日が当たり前の1月の鹿角を思えば、南国という単語が出て来ても不思議ではない。

 これこそ異常気象の最たるものなのに、あまり話題にならないねぇ。
 夏の冷害が恐いな。あと水不足も。

1/1076 >>