Benjamin's LOG

気分一新

第7422号:内山峠

 中央道は八王子から先で通行止め。
 上信越道は松井田妙義から先で通行止め。
 この状況で千曲川流域へ行け、と言われたら、道の選択に困る。

 ということで、上信越道を下仁田で降り、国道254号をひたすら西進するという道で東御市を目指した。
 多少クネクネはあるけれど思ったよりは走りやすい道。そりゃ、迂回路として大型トラックがバンバン走るような道だから、当然なのかもね。

第7421号:じわり

 被害は日増しに大きくなる。
 阪神大震災のときも、東日本大震災のときもそんな感じだった。今回もそれに似ている。特に、東日本大震災のときと同じで、明日から平日として世の中が動き始めた時に新たな問題が起きそうな気も。

 しかし、毎年、何らかの災害と付き合わねばならんのか。
 平穏無事に過ごせる年、なんてのはもう無いのかもね。

第7420号:水浸し

 最新鋭の新幹線が7本並んで水に浸かっている姿は、ショッキングだ。

 明後日、千曲川の近くの会社へ行く予定があるんだけど、大丈夫か?
 今回はたまたま三連休に重なったおかげで、一般的な企業活動への影響は小さいように見えるけれど、3日でどうにもならないくらい被災した場所、多いね。

第7419号:史上最大級

 朝から引きこもりにならざるを得ない日。
 多摩川や相模川、身近なところでは境川などが増水しているのを見ると、雨量がとんでもないということがわかる。一方で、風は先月ほどではないように感じているけど、さて、これからどうなるか。

 しかし、「命を守る行動を」「川のそばには近寄らないで」と呼びかけている報道機関のレポーターには、命を守る行動を取る権利はないのかね。見ていて危なっかしいし、それこそ一般市民以上に事故が起きてからでは遅いと思うのだけどね。

第7418号:嵐の前の嵐

 まぁ、先月の経験から予防線張るのは結構なんですが。
 交通機関が軒並み運休予告を出せば、当然商店だって商売成り立たないから休まざるを得ない、と言うのは良いとして、こんな日でも休めない公共機関の方々の生活、大丈夫か?

 備えあれば憂いなし、の精神は良くわかるのだが、なんかやりすぎ感を覚えるの、私だけなんかね。

第7417号:Foreigner 1

 昨日から今日にかけて、四日市市内は外国人密度が上がっている。
 明日からF1が始まるため。え?F1って鈴鹿じゃないの?と思っていたけど、鈴鹿と四日市のホテルを合わせても、観戦客を受け入れるキャパはオーバーするのだとか。道理で今晩の宿がどこも空いていないわけだ。

 というわけで、明日も三重県内で仕事なのに、一旦名古屋へ引き上げた。
 しかし、ここでもまた外国人の嵐。街を歩くと聞こえてくるのは中国語。夕飯を食いに行った店も、純和風の看板を掲げているのに店員は中国人。なんだかねぇ。

第7416号:四日市

 今年になって初めて訪れた地が、既に三度目。
 しかも今日はかなり酔っ払っておりやす。人生、先に何があるかわからない例、とでも言うものでしょうか。

1/1061 >>